マスカスタマイゼーション

マスカスタマイゼーション

マスカスタマイゼーションとは、標準カタログ品の大量生産から個々の顧客のニーズに合わせてカスタマイズされた多量生産に移行する傾向を指す用語です。

マスカスタマイゼーションは、顧客の個別要望に応えるオーダーメイドの特徴を大量生産のコンセプトに取り入れながら低コストを実現するため、競争優位を獲得することができます。

この傾向は、以前大量生産で市場が飽和状態になっていた消費者向け製品で最も著しく見られます。

一般的に産業機器分野では、製品の多様性は消費者製品よりも多く要求されるため、 設計受注でカスタマイズされた製品を製造してきました。(図面を変更して設計を再利用することも多くありました。) この分野では、標準化を向上する傾向がみられます。 コアモジュールやアセンブリは標準化され、顧客固有の要件はこれらのコア·コンポーネントの構成を膨大な組み合わせから選択することにより満たされます。

これらの分野で製品構成作業の大きな課題は、カスタマイズされた製品を構成するための選択肢間の依存関係です。

Tactonは、価格設定、見積もり、CAD統合によりカスタマイズされた製品のドキュメント作成および図面と3Dモデルの
設計自動化を含む、製品構成における世界クラスのサポートを提供します。